顧問弁護士とは

大企業には必ず存在する顧問弁護士。
顧問弁護士とは、企業の法務を一手に引き受ける、その企業専用の弁護士のことをいいます。
企業の経営は法律に無関係のように思われますが、実は、様々な法律の制約を受けています。
全ての法律にきちんと則って経営されていないと、法律違反ということになり、多額の賠償金を支払う羽目になったり、最悪の場合、企業の閉鎖に追い込まれることもあります。

そのような事態を未然に防ぐのが顧問弁護士です。
一般的に、小さい企業ほど何か問題が起こってから弁護士に相談するケースがほとんどですが、弁護士といってもたくさんの事務所があり、その中から信頼できる弁護士を探し出すのは至難の業ですし、見つけられたとしても、相談内容によっては拒否される可能性もあります。

さらに、このように単発的な相談の場合、費用が高額なことが多いので、費用の面で折り合いがつかず、相談に乗ってもらえないということも起こり得ます。
これでは、いつになったら弁護士に相談できるのか分かりません。
そうしている間に問題はどんどん大きくなって、取り返しのつかないことになるかもしれません。

いざという時に、相談できる顧問弁護士がいないということは、このように企業にとってはとても不利益になることです。
顧問弁護士は、企業にとって必要不可欠な存在なのです。
当サイトでは、顧問弁護士の必要性などについて説明させて頂いています。
これを機会に、あなたの企業でも顧問弁護士を検討してみてはいかがでしょうか。



■関連リンク
企業の法務を一手に引き受ける顧問弁護士を年額費用4万円から契約出来る弁護士サービスです → 顧問弁護士 費用

Copyright © 2014 あなたの会社を守る顧問弁護士という存在 All Rights Reserved.